山道での遭遇

この間夜間に車で移動中、野生の鹿を2回見ました。1回目は長崎で二回目は熊本の人吉で確認しました。
普段野生の動物を目撃する機会などあまり無い為、驚きつつも何だか得した気分になりました。
調査で張り込み先に移動する際、動物注意の標識はよく目にします。
実際に今まで見たことある動物はイタチや狸などの小動物ばかりで中型の動物に遭遇したのは今回が初めてです。
人吉の時の鹿は路肩に居たのですが、いつ道路に飛び出さないかと気をつけて隣を通過しました。
その後は何事もなく現地に到着し、一息ついたところで鹿は無事山に帰れたのかと気になりました。
最近は野生の熊が山の餌不足が原因で人里に降りてくるといったニュースをよく目にします。今回の鹿も餌不足が原因で降りてきたのでしょうか?
とある地方の方にとっては農作物を荒らす害獣で猟友会に頼んで駆除して貰うなんてニュースを目にした事も有ります。
地元の方にとっては迷惑な動物かもしれませんが、個人的には無事山に帰って欲しいと思います。

コメントを残す