友人と会話の中で

この間久しぶりに友人と会いました。
彼とは付き合いも長く、以前は何時であろうと毎週の様に朝方まで遊びに行っていましたが、お互い若く無い事もあり、最近では近場で談話する事がほとんどです。

その友人ですが最近になってジムに通っているとの事で、本人曰く、少し前はたるんでいたお腹周りも、綺麗に引き締まってきたとの事。
試しに触ってみましたが、正直あんまり変わっていない様に感じました。
その旨を伝えると、憤慨した様子でトレーニングがどうとか、食事制限がとか語り始めました。
結果はどうあれ、確かに適度な運動は必要だと思います。
また食事についても適度な量で、しっかり食べることが重要で、無理に制限してしまうとかえって身体に負担が掛かるとも聞きます。

実は私も随分前に腹筋など家で出来る簡単なトレーニングを始めましたが、最近はやっておりません。
本来なら継続するべきなのですが、三日坊主が続いています。
まあ、私の場合は運動不足解消が目的だったのですが、1日でもサボると次がおろそかになりがちです。
ジムに通うまではいかないものの適度な運動は健康の為にもやっていきたいと思います。
ちなみに友人ですが週1程度でしかジムに通っていないとの事、彼の場合もう少し痩せた方が良いと思うので、是非とも続けてもらいたいと思います。

夜間調査から帰宅後

この間、腕と肩に擦りギズが出来ていました。
出来ていたと言う表現なのは、どこで怪我をしたのか見当が付かなかったからです。
仕事が終わり、シャツを脱いだ時になんだか違和感があり、触って見るとザラザラした血の固まりが肩に、よく見ると腕にも擦りギズがあり、確認して初めてヒリヒリした痛みにようやく気付きました。
最初に見たときはまず「なんで?」が頭に浮かびましたが、良く良く思い出して見ると、夜中に暗闇でアスファルトに寝転ぶ様な体制を取っていたので、そこで出来たものだと気付きました。(ちゃんとした調査の一環)

調査時には非常に緊張した場面が多々あります。そんな時に怪我をしても、意外と気が付かないものなんだと、なんだか関心しました。(アドレナリンの効果?)

思い返すと以前も暗闇で調査の準備をしていた時、明るい所に出ると。指先から出血している事がありました。不思議と気付くまでは痛みが無いもので、その時も後からヒリヒリした痛みが出てきました。
なんにしても怪我をしないに越した事はありませんので、その辺りも気をつけていきたいと思います。