長崎市内の浮気調査後で「亀山社中」へ足を運んだ

長崎での調査の合間に「亀山社中」を訪れてみた。
亀山社中とは坂本龍馬が興した日本で最初の商社である。龍馬の大きな後ろ盾となっていた小曽根家がこの場所に所有していた亀山焼工場を貸してもらい設立したようだ。
S1050010_R
見た目は、こじんまりとした家屋であり、昔さながらの日本家屋という印象だ。家屋内には龍馬にまつわるグッズが飾られておりまた、亀山社中前のポケットパークに建立された舵輪とぶーつでは、ぶーつに足を通し長崎の街並を見下ろすと、気分はもう龍馬そのものである。付近はこてこての長崎を象徴する坂道で、せまい路地を登ってきた場所となる。肩で息をしながら休んでいると、おバァちゃんに追い越さてしまった^_^
この辺りが調査現場なら大変だなと思いつつ、社中を後にした。

長崎のベスト1道の駅「夕日が丘そとめ」

時々無性に道の駅に車泊したくなることがありませんか?
私は道の駅特集の地図を車に常備し、人気の道の駅には出掛けていきます。
「夕陽ヶ丘そとめ」道の駅は、とにかく名前の如く夕焼けがすばらしいのです。
今回、道の駅に到着したのは深夜に近かったので、夕焼けは望めなかったのですが、
朝、何気にトイレに起きて東の空に朝焼けを見て絶句
そして、西の空を見てみると綺麗な虹が出ていた。
DSC_0352_RDSC_0357_R

20131215_001840そして、今回はこのすばらしい景色と共に出会いもあった。
ツーリングで日本一周している「おじさん」との出会い。
日記のコピーまで頂いた。。。

おじさんの無事なバイクライフを祈願し
道の駅を後にしました。

佐世保の逆さ紅葉

【佐世保市江迎町の寿福寺(松園光基住職)で、赤や黄色に染まった庭園のモミジが旧本堂に置かれたアクリル板に映り込む「逆さ紅葉」の公開が始まり、参拝者がここでしか見られない風景を楽しんでいる。30日まで。(長崎新聞)】
寿福寺

水面に映る景色をアクリル版を代用することで「逆さ紅葉」を写し出す…良いですね(。-∀-)
自然なものに手を加えるのはあまり好きではありませんが、こういった入れ方は素晴らしいと思います。情緒ある風景は心を癒してくれますね~

 

浮気調査は長崎の探偵「西日本リサーチ」までお電話下さい。
西日本リサーチ㈱0120-252-444

探偵、大河ドラマの現場に立つ

現在、放映中の大河ドラマ「八重の桜」でお馴染みの「新島 襄」邸を訪れた。

大河ドラマはなるべく見るほうなので、ちょうどタイムリーに見学できて感無量であった。

予約などはしておらず、いきなり行ったもので邸内は見れなかったものの充分遠い昔の事に思いをはせる事ができた。

探偵、思いをはせる探偵、思いをはせる

長崎・大村市でまだまだ活躍中の駅舎

長崎は大村市には、ご覧のような古い大きな建物があります。

これは『大村駅』であり、とても歴史があるのです。

地方の駅はよく目にするが、これだけ大きく存在感がある駅は、そうは見ないでしょう。

私自身もこの駅の歴史などは知らなかったものですから、ネットで調べてみました。

調べによると、大正7年にシロアリ被害のため現在の駅舎に改築されたそうなのであります。

どうりで風格のある建物なわけですね!色合いは自分の好みではないのですが…^_^

また、JR九州特有の通称『カラカラベル』も現役で活躍しているそうですよ。

まだまだ、この駅舎のまま頑張ってもらいたいですね~

歴史ある建物