浮気は法律違反になるのか?

夫婦や恋人間の男女のトラブル・・・。不倫や浮気といった行為は法的にはどう解釈されているのでしょうか?
実は浮気や不倫についての明確な法律はありません。浮気は「離婚の訴えを提起するための条件」とお考えください。夫婦の離婚条件の一つに「配偶者に不貞な行為があったとき」というものがあります。
つまり、浮気や不倫そのものに対しては罰則などの処罰はないのです。しかし、浮気は配偶者との焦燥義務に違反する行為であるため、慰謝料請求や離婚といった対応が認められています。
つまり法的には罪は罪でありますが、交通違反などと違い罰金などはありませんが、損害賠償の支払いの義務が発生する違法行為なのです。しかし法律いぜんに、浮気などでパートナーから裏切られる行為はとても許せるものでわはりませんよね。

どこからが浮気?

誰でも一度は疑問に思った事があるのではないでしょうか?
『どこからが“浮気”になるの?』

異性と食事にいったら...

2人で出掛けたら...

メールをやりとりしていたら...

キスをしていたら...

人によってさまざまな意見がありますよね。
そこで法律の観点かたみてみましょう。すると民法上では『浮気』というものははっきりと規定されていないことがわかります。つまり、あなたが夫に対して『女性と食事した』のは浮気だ!と訴えても、世間的には浮気といえるでしょうが、法的には慰謝料の請求などはできないのです。それは「キスをした」でも同様です。しかし法律では「性的行為の有無」が求められるので、浮気を理由に離婚などをお考えの方には相手の不貞行為(性的行為の有無)の証拠が必要になります。これはホテルの出入りなどが証拠としては一般的で、この部分が私たち探偵の仕事でもあります。

仲良く手をつないでいた

他の異性とキスをしていた

相手にプレゼントを贈っていた

といった事実だけでは相手を訴えることは難しいですが、当人に浮気を認めさせるだけなら十分ですね。個人によって『浮気』のライン・定義はバラバラです。「裁判になったら慰謝料を払わなければいけない浮気行為」は性的な行為、肉体関係があったかどうかで判断します。