梅雨の中休み

梅雨明け前なのですが、晴天です。
台風の影響もあり、かなり暑い一日。こんな日のたちんぼ(立ったままの張り込み)は疲れます。

同じ場所に立ち五時間経過し
やっと、本日の調査終了です。朝から何も食べないで水ばかり呑んでいたのでお腹ぺこぺこ
良く頑張ったと
自分に対してのご褒美「長崎出島ハーバー」で「ウニ イクラ丼」頂きます。
DSC01683

 

 

第6回 消費者無料セミナーの開催

詐欺被害者救済を騙った「偽探偵業者」による二次被害に対する相談や問い合わせが一般消費者のみならず、消費者センター等からも依然として数多く寄せられております。
そこで、(一社)日本調査業協会主催・九州調査業協会協賛で「架空取引被害救済詐欺」の被害に遭わないために!と題して消費者セミナーを開催することとなりました。
今回は熊本県警察本部の担当官はじめ消費者団体のご協力をえて、実態解明するとともに、弁護士等の講義を通じ架空取引被害詐欺に遇わないための対応策を共に勉強させて頂きます。
是非、皆様お誘いあわせの上、ご参加頂けます様ご案内申し上げます。

(一社)日本調査業協会主催 第6回 消費者無料セミナー

開催日時 : 平成27年01月31日(土) 13時30分~16時30分
受付開始 : 13時00分~
会   場 : メルパルク熊本 2F 「金峰の間」
TEL :096-355-6311
申込方法 : (一社)日本調査業協会HPよりダウンロード(申請FAX受付)
定   員 : 80名
申込締切 : 01月23日(金)
会場の都合により定員になり次第締め切らせて頂きます。
第6回 消費者無料セミナーについて

セミナー参加申込用紙(PDF)

イジメ問題とネグレクト

イジメ問題と大きく係わるネグレクト
育児放棄、障害者虐待、高齢者虐待などです。自分がおかれている立場を利用し虐待を繰り返す行為は最低の行為だと思われます。
しかし、ネグリストに関する問題は、年々相談件数は増えてきており、
「虐待の連鎖」が問題になっています。
これは昔からテーマとして対策を行っていますが、増加しているのが実状です。

虐待をする親の約70%が虐待を受けて育ってきており、そのサイクルが続くことを言います。

子供は大事な存在だと理解しているが、子供との接し方が分からず結果的にネグレクトになってしまうケースがあります。
また、経済的な理由から充分に子育てや教育、介護ができない家庭も同じです。

親子関係に対する世間の先入観が社会的に悪化させている要因もあるかもしれません。
仲良し親子というものは理想であり、現実はそのイメージに悩まされている人はかなり存在しています。

これが表面化しない問題としては親子関係、養育関係には第三者が介入しにくいというふうに思います。

今は昔と違って地域が子育てを助けてくれる時代ではありません。
核家族の増加、共働き、失業率の増加、待機児童問題やシングルマザー・ファーザーも問題としてあります。

この問題はすべての人が考えなくてはならない問題であり、 地域社会で生活する義務だと思います。

離婚問題や人権問題に関する相談は長崎の探偵「西日本リサーチ」が無料にて承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

行方不明_倉敷市女児誘拐事件

こんにちは
岡山県倉敷市で
行方不明になっていた
女の子が無事救出され
日本中がほっと
安心したことと
思います。

世の中には
誘拐でなくても
家出や様々な事情で
連絡を断たれて
探偵に依頼してこられる方も
いらっしゃるのでは
ないでしょうか。
いつか自分にも
そんな依頼がくるかもと思うと
早く力を
つけたいと思う
今日この頃です。

事件の話に戻りますが
女の子が防犯用に持っていた
携帯電話は
途中でGPSが
途切れてしまったみたいです。しかし
そのGPSの情報は
捜査には役に立った
らしく
今の時代の
携帯の便利さと必要さを
改めて実感しました。
携帯は探偵にとっても
必需品だそうで
今まで携帯を放置してきた
あたしですが
先日ご指摘をうけ
今はお風呂以外肌身はなさず
持ち歩いています!
色々触ってみると
GPS機能、防犯ブザーなど
色々な機能があり
ちゃっかり防犯ブザーを
設定してみました(笑)

みなさんも
あっと驚く
意外な防犯アプリなどが
あるかもしれないので
よかったら
ためしてみてください!

離婚後の面接交渉権

面接交渉権とは、子供と離れて暮らす親が子供と合い、ふれあう権利です。
離婚しても親子は親子ですから、特別な理由がない限り、
「あわせたくない」と拒否することはできません。

一方的に面接交渉権を制限することは出来ませんが、
場合によっては制限または拒否できることこあります。

子供に暴力江おふるう恐れがある場合、子供が嫌がっている場合、
支払い能力があるのに養育費を支払わない場合などです。
つまり、相手に会うことが子供にとってマイナスであるときです。
このような場合で、相手方が面接交渉の調停を申し立てたときは、
調停で拒否の理由を主張しましょう。